北朝鮮の朝鮮中央通信は10日、労働党員、人民軍将兵、人民の全てに向けて、台風10号による水害で甚大な被害が発生している咸鏡北道の北部での復旧作業への参加を促す、朝鮮労働党中央委員会名義のアピール文を配信した。

アピール文は「現非常事態に対処して朝鮮労働党は200日間キャンペーン(200日戦闘)の主打撃方向を北部被害復旧作業に転換させ、難局を打開する重大決断を下した」とし、平壌市内で建設中のタワーマンション団地「黎明通り」に投入されていた人員を被災地に投入するとしている。

また、「一心団結の巨大な威力で咸北道北部被害復旧戦線で禍を転じて福となす奇跡的勝利を収めよう!」という200日戦闘の新たなスローガンを掲げ、 被災者の住む住宅を今年中に建設するとしている。

朝鮮中央通信は、アピール文の一部を抜粋し日本語に訳したものを配信した。その全文は次のとおり。

朝鮮労働党中央委がすべての党員と人民軍将兵、人民にアピール

【平壌9月11日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党中央委員会は、祖国の北辺豆満江沿岸で解放後の気象観測以来初めてとなる突風と豪雨によって複数の市・郡が莫大な自然災害を被ったことに関連して10日、すべての党員と人民軍将兵、人民にアピールを送った。

アピールは、数万所帯の家屋と公共施設が崩れ、線路と道路をはじめとする交通網と電力供給系統、工場・企業所、耕地が破壊されたり、浸水し、これによって衷情の200日間キャンペーンの徹夜進軍を促していた咸鏡北道北部地区の人民が住まいを失って屋外生活をしながら大きな困難を経ていると指摘した。

党にとって人民の痛みよりも大きな非常事態はなく、人民の不幸をなくすことよりさらに重大な革命事業はないと明らかにした。

アピールは、現非常事態に対処して朝鮮労働党は200日間キャンペーンの主打撃方向を北部被害復旧作業に転換させ、難局を打開する重大決断を下したとし、次のように強調した。

これに関連して、わが党は黎(れい)明通りの建設をはじめ200日間キャンペーンの主要作業場に展開されていた主力部隊を北部被害復旧部門に急派し、全党、全軍、全人民が総力を集中することに関する重大措置を取った。

「一心団結の巨大な威力で咸北道北部被害復旧戦線で禍を転じて福となす奇跡的勝利を収めよう!」、これが全国の200日間キャンペーン参加者が高く掲げていくべき闘争スローガンである。

内閣と省・中央機関、工場・企業所、協同団体をはじめとするすべての部門、すべての単位が北部被害復旧事業を200日間キャンペーンの中心課題として、全力を総動員、総集中しろ。

すべての力量を住宅の建設に集中して、今年中に水害を被った人民に温かい住まいを与え、被災地を労働党時代の理想郷に転変させろ。

北部被害復旧戦線に急派される全人民軍将兵は、嵐のごとく、火薬に火がついたように一気にの気概で受け持つ復旧建設課題の遂行でマンリマ(万里馬)速度を創造しろ。

アピールは、白頭山の不世出の偉人たちの希世の抗争史が宿っている革命戦跡地で革命の万年の財宝をしっかり守っていく北辺の堅実な人民がこんにちの試練に打ち勝ち、再度立ち上がるということを党中央は確信していると指摘した。

いかなる大災難も、いかなる難局も党の周りに一枚岩的に結集して自強力第一主義の旗印を高く掲げて最後の勝利を目指して疾風、怒涛のごとく突き進むわが軍隊と人民の力強い進軍を阻めないと強調した。

    関連記事