北朝鮮の朝鮮中央通信は9日、北朝鮮の建国68年を迎えて、「偉大な領袖たちを高くいただいて代を継いで強大な共和国」という記事を配信した。

記事は、「金日成主席の賢明な指導の下で、共和国は世界の「最強」を誇っていた米帝に打ち勝って国の自由と独立、革命の獲得物を守り抜いた」と金日成氏を称えた。

また、「20世紀90年代の中葉、朝鮮が最悪の逆境に瀕した時、先軍の旗印を高く掲げて敵対勢力の軍事的圧殺策動を粉砕し、国と民族の自主権と社会主義を守り抜いた方は金正日総書記であった」と金正日氏を称えた。

そのうえで、「金正恩元帥が先軍の霊剣で人民の幸福と安泰、国の尊厳を守っているので、朝鮮民主主義人民共和国は永遠に金日成・金正日朝鮮として限りなく繁栄するであろう」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。