泣く子も黙る北朝鮮の秘密警察、国家安全保衛部(以下、保衛部)。そのトップである金元弘(キム・ウォノン)部長は金正恩党委員長の最側近のひとりとして知られる。

金正恩体制においては、高位幹部といえども安泰ではない。韓国政府は、正恩氏が執権してからの約5年間で、次官級以上の幹部100人が銃殺されたり、粛清されたりしたと見ている。

そんな中にあって、正恩氏から揺るがぬ信頼を寄せられていると見られる数少ない幹部のひとりが、金部長である。というより、保衛部は一般住民の思想取り締まりから幹部の公開処刑、政治犯収容所の運営を担う組織であり、金部長こそは、正恩氏の恐怖政治の実行役であると言っても過言ではない。

(参考記事:謎に包まれた北朝鮮「公開処刑」の実態…元執行人が証言「死刑囚は鬼の形相で息絶えた」
(参考記事:北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは…