北朝鮮の朝鮮中央通信は5日、米韓合同軍事演習は「軍事的支配権を狙った核戦争演習である」と、非難する論評を配信した。

論評は、米中露の専門家のコメントなどを紹介しながら「米国が強行している合同軍事演習こそ、朝鮮半島と地域の平和と安定を破壊する禍根である」と指摘。

さらに「米国は久しい前から朝鮮半島を自分らの覇権戦略の実現に有利な地域と見なしてすべての反共和国侵略策動を世界制覇と直結させた」と主張しながら、「米国こそ、朝鮮半島情勢激化の主犯、地域不安定醸成の元凶である」と非難した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。