北朝鮮当局が、教化所(刑務所)の女性収容施設を大幅に拡張していたことが明らかになった。

女性収監者に「性暴行」も

米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、米国の人権団体「北朝鮮人権委員会」(HRNK)のグレッグ・スカラチュー事務総長は、中朝国境地域の咸鏡北道(ハムギョンブクト)にある全巨里(チョンゴリ)教化所の過去数十年に渡る衛星写真を分析。その結果、女性収容施設が拡張されていることが判明した。

北朝鮮の拘禁施設は、強制労働、拷問、劣悪な環境で、国際社会の激しい批判を浴びている。とりわけ、女性虐待が日常化している実態は、元収容者や関係者の告発により明らかになっている。

スカラチュー氏によると、全巨里教化所は1980年から1983年の間に開設された。女性収容施設を拡張したのは2009年2月と8月。収容者数は1990年代末には約1300人だったのが、今では5000人まで増加し、うち1000人が女性だという。

「水責め」の拷問も

収容者が急増した背景には2008年の北京オリンピックが関係している。

中国当局は治安維持のために大々的な脱北者取り締まりを行った。その結果、多くの北朝鮮人が北朝鮮に強制送還された。全巨里教化所は、中朝国境から約25キロのところにある会寧(フェリョン)市の茂山里(ムサンリ)に位置する。脱北したが中国で逮捕され、強制送還された人々が多く収容されている。せい惨な人権侵害が常態化している代表的な施設の一つだ。

2011年まで収容されていたハン・チョンミ(仮名)さんによると、その当時で女性収容者は1000人を超えていたという。2009年には、カツラを製造する作業グループが作られ、午前5時から午後9時まで働かされていた。睡眠時間は2時間から4時間、作られた製品は海外に輸出されていた。

女子大生が拷問に耐えきれず…

「「電力事情は悪いのに、24時間、電灯がつけられていました。自殺や反乱の動きを監視、察知するためです。食事の量がごくわずかで、塩気がありません。収容者に塩を与えると脱走するという理由です。私は面会に来た家族に食糧と塩を差し入れてもらい生き抜きましたが、ナトリウム不足で出所後に死亡する人もたくさんいます」(ハン・チョンミさん)

チョン・スイルさんは、2006年4月に中国公安当局に逮捕された。辺防勾留所に100日収監された後、北朝鮮に強制送還され、穏城(オンソン)の保衛部に護送された。取り調べが終わると今度は保安署(警察署)、労働鍛錬隊、集結所など1年ほどたらい回しされた挙句、2007年3月から2年間、全巨里教化所に収容された。

一つの部屋には22人が収容されていたが、8割が脱北者だった。他は、殺人、傷害、詐欺などの罪を犯した人もいたが、それ以外には、「中国キャリアの携帯電話を使用した」「韓流ドラマを見た」「韓国のラジオを聞いた」などの理由で収監された人も何人もいた。

韓流に触れただけで、「この世の地獄」と称される拘禁施設に送られるというのもあまりにも理不尽な話だが、過去には、女子大生が拷問を受け、悲劇的な結末を迎えた。

国際社会や人権侵害の被害者は、生々しい告発を基に、北朝鮮を非難し続けている。それにもかかわらず、拘禁施設を拡張する金正恩体制には、拘禁者のみならず人権問題を是正するという発想が全く抜け落ちているようだ。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事