北朝鮮の外務省米国研究所の研究者オ・ジョンチョル氏が3日、米国の制裁・圧殺策動は北朝鮮の「体制転覆」を追求していると非難する論評を発表。同日、朝鮮中央通信が配信した。

論評は、「米国で対朝鮮制裁の効率に対する懐疑の念が急激に増大している」「制裁と圧迫では問題を解決することができず、むしろ複雑にするだけだ」と指摘。

さらに、「米国が狂気じみて強行している制裁・圧殺策動は主権国家である共和国の『体制転覆』を追求し、われわれの自主権と尊厳、生存権を蹂躙(じゅうりん)する重大な犯罪行為」だと糾弾した。