執権後、「制裁と圧迫」によって「北を変化へと誘導」することを「対北政策」の目標に掲げ、悪らつな同族対決騒動によって民族に最大の災いだけをもたらしたのがまさに朴槿恵逆徒である。

逆徒は、青瓦台を軍部好戦狂と「維新」の残党、後えいらで整え、「統一部」「国会」外交統一委員会などには対決狂信者らをつかせて自分らの分裂政策の強行へ無制限に駆り出した。

反共和国対決政策の所産である「5・24措置」の合理化をうんぬんして悪態だけをついていた子飼いの手先を推し立てて開城工業地区の事業を全面中断させることにより、北南関係の最後の命脈さえためらうことなく断ち切った。

自分の手に徹底的に駆らされたもう一つの操り人形を次官に任命したのは、「統一部」を同族対決の第1線に立たせて猛活躍させようとする逆徒の腹黒い下心をありのまま示している。

    関連記事