北朝鮮の朝鮮中央通信は2日、韓国で「反統一分子が同胞の統一の流れに引き続き逆行している」として、朴槿恵政権を非難する論評を配信した。

論評は、韓国政府で南北対話を司る統一省(統一部)が、現在の情勢下では北朝鮮との対話よりも制裁と圧迫が必要であると説いていることなどに言及。また、「開城工業地区の事業を全面中断させることにより、北南関係の最後の命脈さえためらうことなく断ち切った」と指摘した。

その上で、「朴槿恵逆賊や民族反逆の腐った根から対決の汚水を吸いながら生息したその配下の逆賊らも、一刻も早く処刑すべき汚らわしい災難の種である」などと述べている。