「高射銃」で人体が跡形もなく

金正恩党委員長の恐怖政治がまたもや牙をむき始めたようだ。韓国統一省は31日に行ったブリーフィングで、金勇進(キム・ヨンジン)教育副総理が6月末に公開処刑されていたと明らかにした。

これに先立ち、韓国の中央日報は29日、対北朝鮮情報筋の話として、「イ・ヨンジン教育相とファン・ミン農業相が、8月初めに平壌郊外の姜健(カンゴン)総合軍官学校で高射砲で公開処刑された」と報じた。姜健総合軍官学校とは、昨年、玄永哲元人民武力部長(国防省)が、まさにミンチと化された「処刑場」だ。

(参考記事:玄永哲氏の銃殺で使用の「高射銃」、人体が跡形もなく吹き飛び…

「処刑前」の現地指導

一方、韓国統一相は、中央日報の報道に対して、「イ・ヨンジンという名前とそのような職責はなく、確認中だ」と留保していた。しかし、この確認の過程で、衝撃的な事実が明らかになる。