北朝鮮の朝鮮中央通信は30日、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領を「狂奔する青瓦台の悪女」「老いぼれ魔女」と罵倒する記事を配信した。

同通信は、朴槿恵氏に対して「一日一日を延命している分際で、威勢を張ってほらを吹くのを見れば狂犬を連想させる」と罵倒。

また、「今回のわれわれの核攻撃能力の誇示によって自分らの脳天にいつ匕首がささるか知れなくて不安につつまれている米国を、それでも上司であると信じてむく犬のようにたわけている朴槿恵が本当に哀れだ」という朝鮮人民軍軍官の言葉を紹介した。

さらに、この軍官は、「すでに、腐った匂いがする生ける屍になってしまった青瓦台の魔女が行く道はただ、墓場のみである」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。