謎の部隊として、様々な憶測を呼んでいた。RFAの咸鏡北道(ハムギョンブクト)の情報筋は「今年3月、朝鮮人民軍の各軍団の下に『核リュック部隊』が新設された。各軍団の偵察小隊と軽歩兵旅団から優秀な人員を抜擢し、部隊を新設した」と語っている。

また、咸鏡北道の清津(チョンジン)市青岩(チョンアム)区域文化洞(ムナドン)に駐屯している9軍団の45師団にも、核リュック部隊が新設されたという。

部隊の軍装は、他の歩兵部隊と変わらないため、一見しただけでは区別が付かないそうだ。兵士たちも「食糧や物資の配給も他の部隊とは特に変わらない」と述べている。

「核リュックはどんな形か」という質問に兵士は「実物は見たことがない」「3種類ある模擬の爆弾を持って訓練している」と答えている。

    関連記事