北朝鮮の金正恩党委員長が、2013年12月に自ら銃殺刑とした叔父・張成沢(チャン・ソンテク)元国防副委員長の「影」を消すのに必死になっていると、韓国の聯合ニュースが伝えている。

聯合は北朝鮮の内部事情に詳しい消息筋からの情報として、正恩氏が「大同江(テドンガン)」「海棠花(ヘダンファ)」の名が冠せられた施設に過敏な反応を見せている、と伝えた。これらはいずれも、張氏が主導した事業の「ブランド名」であるためだ。

銃殺直前の動画

正恩氏は最近、これらふたつの名を冠した施設について「改称せよ」と命じたという。その中には浴場やサウナ、プール、レストラン、ブランドショップが備えられた高級レジャー施設「ヘダンファ館」も含まれる。