北朝鮮外務省の報道官(スポークスマン)は26日に発表した談話を通じて、米国と国連などが、北朝鮮が24日に発射した潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)に対して非難していることを「言い掛かり」だと反発した。

談話は、「米国とその追随勢力がチュチェ朝鮮の核攻撃能力を全世界に誇示したわれわれの戦略潜水艦弾道ミサイル水中試射をいわゆる『決議違反』だの、何のと言って言い掛かりをつけながら、国連安保理に上程させたことこそ、盗人猛々しいというふうな悪らつな挑発である」と指摘。

さらに、「今、朝鮮半島にはいつ核戦争が起きるか分からない一触即発の危険極まりない情勢が生じている。しかし、米国の極悪非道な核脅威・恐喝はかえって、われわれの核攻撃能力を時々刻々強化する結果だけを招いた」と主張した。

そのうえで、「米国の核覇権に立ち向かえる実質的手段を全部備えた状況で、いったん、機会だけ生じればわが軍隊と人民は正義の核のハンマーで暴悪な核を無慈悲に打ち砕いて不正義の釘が二度と突き出さないようにするであろう」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮外務省代弁人 われわれの戦略潜水艦弾道ミサイル水中試射に言い掛かりをつける米国とその追随勢力を糾弾

【平壌8月26日発朝鮮中央通信】朝鮮外務省のスポークスマンは26日、次のような談話を発表した。

われわれの国防科学者、技術者が戦略潜水艦弾道ミサイル水中試射をより高い段階で成功裏に行った報が世界を震撼させている中、これに言い掛かりをつけて反共和国圧迫雰囲気を助長させようとする不純勢力の動きが現れている。

米国とそれに便乗した一部の国々でわれわれの試射に言い掛かりをつける発言が出ている一方、25日には国連安保理で「緊急協議」まで行われた。

米国とその追随勢力がチュチェ朝鮮の核攻撃能力を全世界に誇示したわれわれの戦略潜水艦弾道ミサイル水中試射をいわゆる「決議違反」だの、何のと言って言い掛かりをつけながら、国連安保理に上程させたことこそ、盗人猛々しいというふうな悪らつな挑発である。

わずか数カ月前に、史上最大規模の核戦略資産と兵力を南朝鮮に引き入れて「キー・リゾルブ」「フォール・イーグル16」合同軍事演習を強行して「平壌占領」を公然と唱えた米国が、内外の一様な糾弾と反対にもかかわらず、現在またもや、わが共和国を核先制攻撃するための合同軍事演習に狂奔している。

これによって、今、朝鮮半島にはいつ核戦争が起きるか分からない一触即発の危険極まりない情勢が生じている。

しかし、米国の極悪非道な核脅威・恐喝はかえって、われわれの核攻撃能力を時々刻々強化する結果だけを招いた。

周辺国の安全にいかなる否定的影響も与えず、成功裏に行われたわれわれの戦略潜水艦弾道ミサイル水中試射は、歴史の試練と敵のあらゆる挑戦の中でも強固に打ち固めてきたチュチェ朝鮮の強大な国力と凝縮された力の巨大な爆発であり、一大示威である。

今回、発射した戦略潜水艦弾道ミサイルの試験結果を通じて、われわれが核攻撃能力を完璧(ぺき)に保有した軍事大国の前列に堂々と立ち、米国がいくら否認しても、米本土と太平洋作戦地帯は今や、われわれの掌中に確実に収まるようになったということが現実で証明された。

米国の核覇権に立ち向かえる実質的手段を全部備えた状況で、いったん、機会だけ生じればわが軍隊と人民は正義の核のハンマーで暴悪な核を無慈悲に打ち砕いて不正義の釘が二度と突き出さないようにするであろう。

米国がわれわれの戦略潜水艦弾道ミサイル水中試射に言い掛かりをつけるような軽挙妄動は自滅の道を促すだけであり、憤怒に満ちたわれわれのせん滅的な打撃を避けられる最上の方途はわれわれの尊厳と安全に手出しせず、自重、自粛することである。

もし、米国がわれわれの厳かな警告を無視してわが共和国の尊厳と生存権を少しでも脅かそうとする場合、われわれは堂々たる軍事大国として見せてやれるすべての出来事的な行動措置を多段に引き続き見せてやるであろう。

    関連記事