人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

そして、かいらい一味の卑屈な醜態は上司の手中から少しでも逃れれば一瞬も命を延ばすことのできない間抜けで哀れな植民地手先の正体をありのまま見せる一つの縮図だと主張した。

さらに、かいらい一味が今だに米国と共に共和国に対する核先制攻撃を既定事実化し、虎視眈々と北侵核戦争を挑発する機会だけをうかがってきたということを再び全世界に自ら認めたことになると暴いた。

スポークスマンは、もともと、核先制攻撃は米国が核兵器を保有した初日から変わらず堅持している露骨で白昼強盗さながらの侵略教理だとし、次のように強調した。

われわれが核兵器を保有し、それを不断に強化してきたのは、米国の絶え間ない核戦争脅威と恐喝から国の自主権と民族の生存権を守るための正々堂々たる自衛的措置である。

    関連記事