北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委の代弁人(スポークスマン)は25日、米国のオバマ大統領が「核先制不使用」を宣言したことを批判する談話を発表した。同日、朝鮮中央通信が配信した。

談話は、オバマ氏の宣言に対して「『核兵器なき世界』という看板を粉飾して地面に落ちた自分の人気を少しでも上げてみようとする欺まん術策として、世界の平和と安定を願う人類に対する愚弄、厚顔無恥の極みだ」と糾弾した。

さらに「鼻持ちならないのは、米国上司のこのように欺まん的な茶番劇に慌てて核先制攻撃の原則を放棄してはいけないと片意地を張る南朝鮮のかいらい一味の奇怪で哀れなざまだ」と嘲笑した。

そのうえで、「われわれが核兵器を保有し、それを不断に強化してきたのは、米国の絶え間ない核戦争脅威と恐喝から国の自主権と民族の生存権を守るための正々堂々たる自衛的措置である」と核保有を正当化した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

米国の核戦争屋である南朝鮮のかいらい逆賊一味を断固と埋葬すべきだ
朝鮮アジア太平洋平和委代弁人

【平壌8月25日発朝鮮中央通信】「核兵器なき世界」を建設するという公約を掲げていた米大統領オバマが、任期が幾ばくもない最近になって「核先制不使用」を宣言するという茶番劇を演じている。

朝鮮アジア太平洋平和委員会のスポークスマンは25日に発表した談話で、これはなんとしても「核兵器なき世界」という看板を粉飾して地面に落ちた自分の人気を少しでも上げてみようとする欺まん術策として、世界の平和と安定を願う人類に対する愚弄、厚顔無恥の極みだと糾弾した。

また、鼻持ちならないのは、米国上司のこのように欺まん的な茶番劇に慌てて核先制攻撃の原則を放棄してはいけないと片意地を張る南朝鮮のかいらい一味の奇怪で哀れなざまだと嘲(ちょう)笑した。

そして、かいらい一味の卑屈な醜態は上司の手中から少しでも逃れれば一瞬も命を延ばすことのできない間抜けで哀れな植民地手先の正体をありのまま見せる一つの縮図だと主張した。

さらに、かいらい一味が今だに米国と共に共和国に対する核先制攻撃を既定事実化し、虎視眈々と北侵核戦争を挑発する機会だけをうかがってきたということを再び全世界に自ら認めたことになると暴いた。

スポークスマンは、もともと、核先制攻撃は米国が核兵器を保有した初日から変わらず堅持している露骨で白昼強盗さながらの侵略教理だとし、次のように強調した。

われわれが核兵器を保有し、それを不断に強化してきたのは、米国の絶え間ない核戦争脅威と恐喝から国の自主権と民族の生存権を守るための正々堂々たる自衛的措置である。

米国とかいらい一味が北侵核戦争挑発策動に悪らつに執着するほど、それに対処したわれわれの自衛的核抑止力は今後もよりいっそう強化されるであろう。

かいらい一味がいくら「北の核脅威」だの、「挑発」だのと青筋を立てても、米国の北侵核先制攻撃企図とそれに積極的に便乗して危険極まりない核戦争を挑発しようとする自分らの醜悪な犯罪的悪巧みを隠すことはできない。

核兵器で世界を制覇しようとする白昼強盗さながらの米国を後ろ盾に、同族の頭上に核先制打撃をしてくれと手がすり減るほど哀願し、朝鮮半島に核災難を被らせようとするかいらい一味こそ、民族の運命は眼中にない間抜けな天下の逆賊の群れである。

全同胞は、米国の醜悪な核戦争屋、核戦争狂人である逆賊一味を断固と埋葬し、朝鮮半島の平和と安定を守り抜くための闘いに果敢に立ち上がるべきであろう。

    関連記事