北朝鮮の朝鮮中央通信は24日、韓国が日本との軍事交流を進めていることについて、「族の千年来の敵に再侵略の道を開いてやる天人共に激怒する売国反逆行為」だと非難する論評を配信した。

論評は、集団的自衛権の行使に踏み込んだ日本は、「日米防衛協力のための指針」(ガイドライン)の改正などによって「朝鮮半島に公然と進出できる足場を築いた」と指摘。

日韓関係の未来志向を掲げる韓国の朴槿恵政権を「同族を害するためなら、再侵略の道案内の役もためらわない間抜けな逆賊の群れ」であると罵倒した。

その上で、「亡国の苦い教訓を二度と繰り返さないためにも、南朝鮮の親日事大売国奴を一人残らず一掃すべき」と主張している。

    関連記事