北朝鮮は24日午前5時30分頃、東部の咸鏡南道(ハムギョンナムド)新浦(シンポ)付近の海上から日本海に向けて潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)1発を発射した。韓国軍合同参謀本部によると、ミサイルは約500キロ飛び、日本の防空識別圏内の日本海に落下したとみられている。

潜水艦発射弾道ミサイルは成功

SLBM発射を受けて、韓国外交部(外務省)は、「国連安全保障理事会決議違反だ」と強く糾弾。安倍晋三首相も「わが国の安全保障への重大な脅威であり、地域の平和と安定を著しく損なう許しがたい暴挙だ」と批判した。

ミサイル発射に対する両国の非難は当然の対応だが、今回のSLBM発射は今まで以上に深刻な事態を引き起こす可能性が出てきた。

なぜなら、SLBMが「事実上、成功した」と分析されているからだ。