北朝鮮の朝鮮中央通信は23日、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領を非難する論評を配信した。

論評は、「南朝鮮のかいらい一味が自分らの『対北制裁』が効果を現しているかのようにけん伝して万人の嘲笑を買っている」としながら「破たんの危機に直面した自分らの反共和国対決政策を支えてみようとする断末魔のあがきにすぎない」と非難した。

さらに、「『唯一超大国』と自称する米国まで戦りつしているわれわれの小型化された核弾頭と地対地中・長距離戦略弾道ロケット火星10をはじめ強力で威力ある核打撃手段は、今まで上司に頼ってやぼにのさばっていた南朝鮮のかいらいを戦略的劣勢のドブの中に押し込んだ」と主張。

そのうえで、「内外の世論を欺まんするほらに執着している朴槿恵一味こそ、この世の最も醜悪な詐欺師、民族反逆の群れである」と罵倒した。

朝鮮中央通信の報道全文は次の通り。