駐英北朝鮮公使の太永浩(テ・ヨンホ)氏が亡命した事件の余波が広がっている。複数の韓国メディアは、玄鶴峰(ヒョン・ハクポン)駐英大使に北朝鮮から召還命令が下ったと報じた。

後任として軍出身者が内定しており、既に英国側に承認を求めている状況だというが、実力者として知られているテ公使の亡命に対する責任を取らされた可能性が高い。

連座制で「この世の地獄」へ

亡命事件以前からヒョン大使は召喚されていたという情報もあるが、テ公使の亡命により、彼のエリート人生は終わったと言えるかもしれない。