韓国に亡命したロンドン駐在の太永浩(テ・ヨンホ)北朝鮮公使は、大使館内で事実上トップであったことが明らかになった。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

テ公使は、朝鮮労働党の細胞秘書で、週1回行われる生活総和(総括)を取り仕切り、玄鶴峰(ヒョン・ハクポン)大使から報告を受ける立場にあった。

極めて、高いポジションにいたテ公使だが、ある時、部下の失態に対して寛容な姿勢を見せたという。

金正日氏の写真を…

大使館に週2回通い、掃除と食事を担当していた朝鮮族女性は次のようなエピソードを明かした。