北朝鮮の朝鮮中央通信は20日、米国のオバマ大統領が理想として掲げる「核兵器のない世界」は「欺まんである」とする論評を配信した。

論評は、米国が新たな戦術核兵器の開発・配備を進めている現状に言及。「これは、オバマ政権の『核なき世界建設』の虚偽性に対する明確な反証である」としている。

さらに、「米国は冷戦時代、核軍備競争の結果として過剰生産、備蓄された核弾頭の維持・管理と国防予算の削減圧力」にさらされていると指摘。

「古びて立ち後れた核兵器と関連施設を撤廃し、新しくて近代的なものに構築する機会に『核削減論』を持ち出し、自国のイメージも改善」しようとしていると非難した。