北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は20日、「進歩的諸国の力が強くてこそ国際的正義を実現することができる」とする署名入りの論説を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

同通信によれば、論説は「進歩的な国々は『正義』の看板の下で不正義が横行する古びた国際秩序を壊して公正で正義の新しい国際秩序を樹立しなければならない」「正義の代弁者である東方の核強国があって、国際的正義は必ず実現される」などと主張している。

朝鮮中央通信の記事全文は次のとおり。

「労働新聞」 進歩的諸国の力が強くてこそ国際的正義を実現することができる

【平壌8月20日発朝鮮中央通信】20日付の「労働新聞」は署名入りの論説で、国際舞台で他国と他民族の自主権を侵害、蹂躙(じゅうりん)する帝国主義者の行為が止まないこんにちの現実は進歩的な人類が政見と信教、経済・文化発展の差にかかわらず、国際的正義を実現するための闘争に積極的に立ち上がることを求めていると主張し、次のように指摘した。