7月に行方不明になっていた在ロシア北朝鮮大使館の3等書記官が、脱北して韓国入りしていたことが18日、わかった。

複数の韓国メディアによると、脱北したのは在ロシア朝鮮大使館に所属していたキム・チョルソン3等書記官。妻と息子を連れて、韓国に入国し、関係当局の保護を受けているという。

デイリーNKジャパンは先月、ロシアで北朝鮮の外交官が行方不明になっていると報じた。この外交官がキム・チョルソン氏と見られる。

1975年生まれのキム書記官は、2003年から対外貿易関連業務に携わってきたとのことだ。

2016年に入って韓国への亡命を選択した北朝鮮の外交官は、17日に韓国入りした元駐英公使のテ・ヨンホ氏と今回のキム・チョルソン氏を含めて、数名いるという。

    関連記事