中国浙江省寧波市の北朝鮮レストラン「柳京食堂」から今年4月に集団脱北した男性支配人と女性従業員ら13人が、4ヶ月に渡る調査を終えて、保護施設を退所したと韓国メディアが伝えている。

KBSは韓国政府当局者の話として、13人は何組かに分かれ、時期をずらして退所した。本人たちの意思に従い、別々に暮らすことになるが、居住地は明らかにされていない。

また、中央日報は政府当局者の話として、女性従業員12人は2人以上のグループを組んで別々の家で暮らすことになり、男性支配人は12人とは別に暮らしていると伝えた。

異例の対応

統一省当局者は、彼女たちは世論の関心に負担を感じており、居場所を知られることを望んでいないと述べている。