北朝鮮の朝鮮日本軍性奴隷・強制連行被害者問題対策委員会のスポークスマンは15日、日本統治から解放されてから71周年に際して談話を発表。朝鮮中央通信が配信した。

談話は、「100余万人の朝鮮人が日帝によって無残に虐殺され、840万人余りが強制連行されたし、20万人の朝鮮女性が日本軍の性奴隷として連行されて受けた恥辱と苦痛は解消されなかった」と主張した。

また「罪を犯した当事国である日本では恥ずべき犯罪行為に対する反省と懺悔(ざんげ)ではなく、それを正当化、合理化する詭(き)弁が絶えず吐かれている」と日本を非難した。

そのうえで「日本当局が実現不可能な妄想を捨て、過去犯罪に対する率直で誠実な態度でわれわれとの過去清算に臨まなければならず、国際社会に担った自分の責任と義務を全うすべきであろう」と主張した。

朝鮮日本軍性奴隷・強制連行被害者問題対策委の代弁人 日本当局は誠実な態度で過去清算に臨むべきだ

【平壌8月15日発朝鮮中央通信】朝鮮日本軍性奴隷・強制連行被害者問題対策委員会のスポークスマンは、日本帝国主義の植民地基盤から朝鮮が解放されてから71周年になることに関連して15日、談話を発表した。

談話は、今日までも100余万人の朝鮮人が日帝によって無残に虐殺され、840万人余りが強制連行されたし、20万人の朝鮮女性が日本軍の性奴隷として連行されて受けた恥辱と苦痛は解消されなかったと明らかにした。

わが国だけでなく、世界の各地で日本帝国主義の反人倫的蛮行によって苦痛をなめた性奴隷被害者と強制連行被害者、生物・化学兵器被害者が晴らせない恨みに身もだえしていると指摘した。

談話は、にもかかわらず、罪を犯した当事国である日本では恥ずべき犯罪行為に対する反省と懺悔(ざんげ)ではなく、それを正当化、合理化する詭(き)弁が絶えず吐かれているとし、次のように強調した。

今の日本は、軍国主義勢力が台頭して「欧米列強からのアジア解放」を言い散らしながら戦争熱に浮ついていた70余年前の姿にあまりにも似ている。

日本は途方もない時代錯誤に陥っているということを知らなければならない。

虚偽文書一枚で他国の主権を強奪し、数十万人の女性を自分らの性奴隷に連行する日本の帝国主義的専横が通じていた時はすでに過ぎ去った。

談話は、日本当局が実現不可能な妄想を捨て、過去犯罪に対する率直で誠実な態度でわれわれとの過去清算に臨まなければならず、国際社会に担った自分の責任と義務を全うすべきであろうと主張した。

    関連記事