キンキラキンの銅像、タワーマンション、豪華レジャー施設。金正恩党委員長が最高指導者となって以来、北朝鮮では新たな建造物が相次ぎ誕生している。その建設に投入される労働力の多くが、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の兵士だ。

ところが最近、その兵士の数が不足しつつあるため、当局は徴兵の対象を拡大する措置を取った。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

北朝鮮当局は既に、男性の10年の兵役を11年に延長し、徴兵の対象外だった女性にも7年の兵役を課す措置を取っている。少子化で若者の数が減り、人員不足が深刻なレベルに達しているからだ。しかし、兵役逃れが横行し、思ったように人が集められていないのが現状だ。

(関連記事:北朝鮮、行き詰まる女性徴兵制…目標未達成続出で頭を抱える徴兵担当者

業を煮やした当局は新たに二つの施策を取ることにした。そのひとつがさらなる兵役延長だ。