北朝鮮の朝鮮中央通信は13日、「核先制打撃は米国の独占物ではない」とする論評を配信し、米国がグアムの戦略爆撃機部隊を増強していることを非難した。

米軍は6日、従来のB-52戦略爆撃機に代わり複数のB-1B戦略爆撃機をグアムのアンダーセン空軍基地に配備。また9日には、核搭載能力があり、ステルス機能も備えたB-2戦略爆撃機の同基地への一時配備を発表した。

これを受け、朝鮮中央通信は10日にも、今回と同じような内容の論評を配信したばかり。米軍の戦略爆撃機に対する、北朝鮮当局の警戒感の強さを表すものと言える。

論評は、「敵が少しでも動けば無慈悲なせん滅的打撃を加える万端の先制打撃態勢に進入した状態にある」として、米軍の動きをけん制した。