北朝鮮当局が今年、これまでに60人の国民を公開処刑したと、聯合ニュースが報じている。金正恩体制発足後の年平均の処刑者数(約20人)の2倍にもなる数だという。

美女脱北でも処刑

聯合が、北朝鮮内部の消息筋からの情報として報じたところでは、北朝鮮当局は今年2月初旬、脱北者の家族やブローカー数十人を「スパイ」の罪で処刑。4月にも中朝国境の街である両江道(リャンガンド)恵山(ヘサン)で脱北ブローカー約10人を銃殺した。恵山では同じ時期、韓国の映画やドラマなどを視聴した住民数人を銃殺し、7月には江原道(カンウォンド)元山(ウォンサン)などで違法薬物を使用した住民や売人など約10人を処刑したという。