北朝鮮の祖国平和統一委員会(祖平統)のスポークスマンは11日、朝鮮中央通信社とのインタビューで、韓国が「『THAAD』の南朝鮮配備に反対する内外の糾弾世論を免れるために共和国に引き続き悪らつに言い掛かりをつけている」と非難した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

スポークスマンは、「朴槿恵(パク・クネ)が権力の座につくやいなや、オバマの懐に入ってあらゆる嬌態を振りまいて忠犬になることを盟約したということは、世人がみな知っている事実である」と指摘。

そのうえで「このような親米逆徒が『THAAD』配置を共和国の『脅威』に対処した『自主的決断』であるかのように描写していることこそ、へそで茶を沸かすことだと嘲(ちょう)笑した」という。

また「かいらい一味がくず鉄の塊にすぎない『THAAD』などであえて駆け引きしようとすることこそ、相手も知らず、身のほども知らない間抜けの気が狂ったたわごとにすぎない」と、強調した。

さらに「特等の親米毒蛇である朴槿恵が権力のポストについている限り、南朝鮮全域が米国の侵略的な核戦争陣地に転落し、南朝鮮の人民はより危険な死地に置かれるようになるのは火を見るより明らかである」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

祖平統の代弁人 朴槿恵一味は何によっても特等親米手先としての醜悪な正体を隠せない

【平壌8月11日発朝鮮中央通信】祖国平和統一委員会のスポークスマンは、南朝鮮のかいらい一味が「THAAD」の南朝鮮配備に反対する内外の糾弾世論を免れるために共和国に引き続き悪らつに言い掛かりをつけていることで11日、朝鮮中央通信社記者の質問に答えた。

スポークスマンは、最近、かいらい一味が米国の侵略的な「THAAD」配置に反対する南朝鮮の各階層はもちろん、全同胞と国際社会の強い抗議と糾弾にぶつかっていっそう窮地に追い込まれてあがいていることについて指摘した。

これは、民族の尊厳と利益は眼中になく、米国にこびへつらって反民族的行為だけをこととしているかいらい一味の体質的な親米・事大根性、極悪な親米・事大政策が招いた当然な帰結であると主張した。

自分の父である「維新」独裁狂がなぜ米国の腹心が撃った鉄砲玉に打たれて横死したのかをよく知っている朴槿恵が権力の座につくやいなや、オバマの懐に入ってあらゆる嬌態を振りまいて忠犬になることを盟約したということは、世人がみな知っている事実であるとした。

このような親米逆徒が「THAAD」配置を共和国の「脅威」に対処した「自主的決断」であるかのように描写していることこそ、へそで茶を沸かすことだと嘲(ちょう)笑した。

「THAAD」事態で四面楚歌に置かれた朴槿恵一味がいくらその責任を共和国に転嫁してみようと死力を尽くすとしても、そのような小細工にだまされる人は一人もいないし、米国にへつらって朝鮮半島と地域の平和に重大な脅威を醸成した極悪な親米・売国犯罪を絶対に覆い隠すことはできないと強調した。

見ものは、かいらい一味が「北が核、ミサイルを放棄すればTHAAD配置を放棄する」だの、何のと生意気にも自分らが意のままにできるかのように鼻持ちならない振る舞いをしていることだとし、スポークスマンは次のように続けた。

チュチェ朝鮮の自負、誇りである自衛的核戦力をかいらい一味がくず鉄の塊にすぎない「THAAD」などであえて駆け引きしようとすることこそ、相手も知らず、身のほども知らない間抜けの気が狂ったたわごとにすぎない。

われわれの核は米国ではなく、それより大きな国だとしても絶対に駆け引きの対象になりえないということをかいらい一味ははっきりと認識しなければならず、あちこちを歩き回って「北の核」うんぬんをしてみてもむだな苦労であるということを銘記する方がよかろう。

特等の親米毒蛇である朴槿恵が権力のポストについている限り、南朝鮮全域が米国の侵略的な核戦争陣地に転落し、南朝鮮の人民はより危険な死地に置かれるようになるのは火を見るより明らかである。

全同胞は、日増しに重大になる米国の北侵核戦争策動を食い止め、朝鮮半島と地域の平和を守り抜くために民族の恥であり、国際社会の災難の種である朴槿恵一味を断固と埋葬すべきであろう。

    関連記事