北朝鮮の内閣などの機関紙・民主朝鮮は10日、日本がF-35ステルス戦闘機などの導入を進めていることについて、「再侵略の野望を実現しようとするものだ」と非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、アジア太平洋地域では米国のせいで「一触即発の危険な情勢が生じている」と指摘。

日本はそこに便乗し、「『安全保障関連法』の施行によって再侵略の法的保証をもたらした」とした上で、海外侵略に備えるため軍事力強化を急いでいるのだと主張している。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「民主朝鮮」紙日本の武力強化策動は災難を予告する

【平壌8月10日発朝鮮中央通信】最近、日本防衛省は米国などと共同で開発したF35ステルス戦闘機を青森県三沢基地に配備しようと画策しているという。

日本当局は、総42機のF35ステルス戦闘機を導入しようとするが、まず、今年10月から来年3月まで米国から4機のF35ステルス戦闘機を搬入しようとしている。

また、日本は「パトリオット」ミサイル防衛システムの近代化を促して2020年まで実戦配備しようとしている。

10日付の「民主朝鮮」紙は署名入りの論評で、日本の反動層が近代的な武装装備の購入と配備に神経を使っているのは看過する問題ではないと注意を喚起した。

論評は、最先端武装装備配備のために列強と競い合いながら天文学的金額の軍費を蕩尽している日本がそれにも満足せず、より近代化された武装装備の開発と配備に熱を上げていると暴露し、次のように指摘した。

武力強化に拍車をかける日本の下心は、上司である米国の新たな戦争挑発策動に便乗して戦争の準備に万全を期し、一朝有事の際、久しい前から抱いてきた自分らの再侵略野望を実現しようとするところにある。

今、アジア太平洋地域では米国の無謀な軍事的策動によって一触即発の危険な情勢が生じている。

上司の戦争策動に快哉を叫びながら日本は、この機会になんとしても再侵略野望を実現しようとしている。

特に、「安全保障関連法」の施行によって再侵略の法的保証をもたらした日本にとって海外侵略は時間の問題となっている。

残っているのはただ一つ、海外侵略戦争に備えられるように軍事的能力をよりいっそう強化することである。

日本の武力強化策動は今後、押し寄せる災難を予告している。-――

    関連記事