北朝鮮の内閣などの機関紙・民主朝鮮は10日、日本がF-35ステルス戦闘機などの導入を進めていることについて、「再侵略の野望を実現しようとするものだ」と非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、アジア太平洋地域では米国のせいで「一触即発の危険な情勢が生じている」と指摘。

日本はそこに便乗し、「『安全保障関連法』の施行によって再侵略の法的保証をもたらした」とした上で、海外侵略に備えるため軍事力強化を急いでいるのだと主張している。