北朝鮮の朝鮮中央通信は10日、故金日成氏が抗日革命闘争の時期に打ち出したという祖国解放3大路線が「朝鮮人民の力で祖国解放偉業を実現することのできる道を明らかにした綱領的指針であった」と主張する記事を配信した。

記事は、金日成氏が、1943年の初めに「朝鮮人民革命軍軍事・政治幹部会議を招集し、対日最終作戦の方向を提示した」としながら「この作戦方向を祖国解放3大路線に確定した」と主張。

そのうえで「主席は用意周到な作戦方向を提示して最後の勝利を目指す準備を円滑に整えるようにした後、総攻撃命令を下すことによって祖国解放の歴史的偉業を勝利のうちに達成した」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

自力独立の旗印―祖国解放3大路線

【平壌8月10日発朝鮮中央通信】金日成主席が抗日革命闘争の時期に打ち出した祖国解放3大路線は最後の決戦の準備を進め、朝鮮人民の力で祖国解放偉業を実現することのできる道を明らかにした綱領的指針であった。

1943年に入って、全世界を一気に併呑しようとしていた日本をはじめとするファッショ国家が急激に下り坂をたどっていた。

これに対処して日帝との最後の決戦の準備をいっそう進めるために祖国解放のための科学的な作戦方向を立てるのに心血を注いだ主席は、同年の初めに朝鮮人民革命軍軍事・政治幹部会議を招集し、対日最終作戦の方向を提示した。

その主要内容は、情勢が生じれば朝鮮人民革命軍は総攻撃を断行し、それに配合して全人民的蜂起を起こし、革命軍の小部隊と国内の武裝蜂起組織が背後連合作戦を繰り広げる方法で日帝を掃滅し、祖国解放の歴史的偉業を成し遂げることであった。

主席は、この作戦方向を祖国解放3大路線に確定した。

路線の中心内容を成す朝鮮の反日民族解放闘争の主導的で決定的な力量である朝鮮人民革命軍の総攻撃は、日帝との最後の決戦において勝利の決定的要因であった。

革命軍の総攻撃に呼応して全人民的蜂起を起こし、全民抗争組織の背後連合作戦を展開することに関する思想は、朝鮮の反日民族解放闘争の必須の要求であったし、敵を徹底的に打撃、掃滅できるようにする確固たる保証であった。

このように、主席は用意周到な作戦方向を提示して最後の勝利を目指す準備を円滑に整えるようにした後、総攻撃命令を下すことによって祖国解放の歴史的偉業を勝利のうちに達成した。

    関連記事