北朝鮮の金正恩党委員長が、軍需工場と見られる「1月18日機械総合工場」を現地指導した。日時は不明。朝鮮中央通信が10日、報じた。同工場は、昨年12月に新たに改築され、金正恩氏も現地指導している。

1月18日機械総合工場を現地指導した金正恩氏(2016年8月10日付労働新聞より)
1月18日機械総合工場を現地指導した金正恩氏(2016年8月10日付労働新聞より)

同通信によると、金正恩氏は、工場の全景を眺めながら「1月18日機械総合工場の各所には、金日成主席と金正日総書記の体臭が胸熱く宿っている」としながら「わが国の機械製作工業の長男工場、中枢工場、中核工場で働いているという限りない誇りと自負を抱いて生産正常化の炎をいっそう激しく燃え上がらせなければならない」と強調したという。