※この記事には事故現場の凄惨な光景の描写が含まれます。

ベルギーのルーヴェン大学災害疫学研究所の統計によると、北朝鮮では、2005年から2014年までの10年間で大事故が3件発生し、134人が死亡している。また、1987年からの25年間に、自然災害を含めて2700人が犠牲となっている

しかし、これは北朝鮮政府が国際機関に報告したもので、実際はこれより遥かに多くの事故が発生している。

例えば、2013年10月には、国防委員会の庁舎新築の工事現場で崩壊事故が発生し、80人が死亡した。また、1989年4月には、平壌開城高速道路の建設現場で橋が崩落し、500人以上が亡くなった。さらに、2014年11月には、平壌市内の23階建てマンションが突然崩壊し、450人以上が犠牲となった

このような事故多発の一因として指摘されているのが、北朝鮮特有の「速度戦」と呼ばれる突貫工事だ。

太陽節(金日成氏の誕生日=4/15)や光明星節(金正日氏の誕生日=2/16)において成果として示すため、当日に間に合うよう、無茶苦茶なスケジュールで工事を行うのだ。その結果、手抜きが多発する。

谷底の惨状

また、別の原因による事故も多発している。「施設の老朽化」だ。