韓国に程近い北朝鮮の黄海道(ファンヘド)。平野が広がり、気候も穏やかなため、昔からコメが多く取れる穀倉地帯として有名だ。1990年代後半の大飢饉「苦難の行軍」でも、相対的に餓死者が少なかったと伝えられている。ところが今、食糧不足で餓死者が発生しかねない状況に陥っている。原因は「天災」ならぬ「人災」だ。

黄海北道(ファンヘブクト)のデイリーNK内部情報筋によると、当局は、昨年秋に収穫したコメを「軍糧米」「首都米」(平壌に特別配給するコメ)と称してほとんどを徴発してしまったというのだ。

飢えのあまり家族の亡骸を…

それなのに配給は全くなされないため、多くの人が深刻な食糧不足に陥っている。飢えを凌ぐために、家を捨ててコチェビになる人すら出ている。住民の間からは「このままだと来年、再来年には皆飢え死にしてしまう」という嘆きの声が聞かれるという。