北朝鮮の朝鮮労働党の機関紙・労働新聞は8日、署名入りの論説で、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領に対して「挑発的な『対北圧迫』策動に血眼になって狂奔している」と非難した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論説は「祖国解放71周年に際して全民族的な統一大会合を開催することに関する共和国政府・政党・団体連席会議の提案は日を追って内外の大きな支持と賛同を呼び起こしている」と主張した。

しかし、「全民族的な統一大会合を目の上のこぶと見なしている南朝鮮当局の悪らつな妨害策動によって連席会議開催のための準備活動には重大な難関が生じている」と指摘した。

    関連記事