北朝鮮の労働新聞は5日、署名入りの論説を通じて「米帝侵略軍を撤退させるべき」と主張した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論説は、「南朝鮮占領米帝侵略軍こそ、核戦争の火薬庫に置かれた時限爆弾であり、この侵略の群れを南朝鮮から撤退させるのはこれ以上先送りすることのできない差し迫った問題である」と指摘。

そのうえで「北・南・海外の全同胞は、朝鮮半島で新たな戦争を挑発しようと狂奔している米帝侵略軍と、それと結託した南朝鮮好戦勢力の軍事的挑発策動に断じて終止符を打たなければならない」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 朝鮮半島で核戦争の禍根である米帝侵略軍を撤退させるべきだ

【平壌8月5日発朝鮮中央通信】5日付の「労働新聞」は署名入りの論説で、南朝鮮で米国のヒステリックな核戦争装備増強策動を阻止させ、北侵核戦争の危険を取り除くための根本方途は米帝侵略軍を撤退させることだと明らかにした。

論説は、南朝鮮占領米帝侵略軍は米国の対朝鮮侵略政策を現地で執行しながら朝鮮半島の平和を破壊し、核戦争の危険を高調させる根源、癌的存在になっていると暴き、次のように指摘した。

米国は、久しい前から南朝鮮占領米帝侵略軍の核武装化に拍車をかけて南朝鮮を巨大な北侵核前哨基地に転落させた。

朝鮮半島の平和と祖国統一の前途に重大な難関をきたして祖国の領土に核戦争の災難をもたらす南朝鮮占領米帝侵略軍を撤退させなくては、わが同胞がいつになっても安心して生きることができない。

南朝鮮占領米帝侵略軍こそ、核戦争の火薬庫に置かれた時限爆弾であり、この侵略の群れを南朝鮮から撤退させるのはこれ以上先送りすることのできない差し迫った問題である。

すでに、20世紀50年代に米帝によって戦争の惨禍を被ったわが民族は神聖な祖国の領土が米国の核戦争の場になることを絶対に許せない。

北・南・海外の全同胞は、朝鮮半島で新たな戦争を挑発しようと狂奔している米帝侵略軍と、それと結託した南朝鮮好戦勢力の軍事的挑発策動に断じて終止符を打たなければならない。

    関連記事