北朝鮮の労働新聞は5日、署名入りの論説を通じて「米帝侵略軍を撤退させるべき」と主張した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論説は、「南朝鮮占領米帝侵略軍こそ、核戦争の火薬庫に置かれた時限爆弾であり、この侵略の群れを南朝鮮から撤退させるのはこれ以上先送りすることのできない差し迫った問題である」と指摘。

そのうえで「北・南・海外の全同胞は、朝鮮半島で新たな戦争を挑発しようと狂奔している米帝侵略軍と、それと結託した南朝鮮好戦勢力の軍事的挑発策動に断じて終止符を打たなければならない」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。