北朝鮮の祖国統一研究院は2日、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領に対する諸国メディアの非難を込めた白書を発表。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

白書は、米国のVOA放送、「ウォールストリート・ジャーナル」紙、AP通信、英国のBBC放送、「フィナンシャル・タイムズ」紙、フランスのAFP通信をはじめとする西側の主要メディアが、「1960年から70年にかけて南朝鮮を統治した軍部独裁者の娘の朴槿恵が権力の座につけば、『維新』独裁が復活されかねないと重ねて警告した」と強調した。

そのうえで「朴槿恵一味の悪らつな労組弾圧、メディア弾圧も国際社会の大きな非難と糾弾の対象になっている」としながら「外国のメディアはこのような闘争を報じながら、南朝鮮を世界最悪の人間の生き地獄、民主と人権の不毛の地、米国の徹底した植民地にさらに転落させた朴槿恵とその一味を糾弾した」と主張した。

白書は最後に、「全同胞の呪いと糾弾、国際社会の非難と嘲笑の対象となった青瓦台の悪女に与えられるのは悲惨な破滅だけである」と、朴槿恵氏を非難した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。