北朝鮮の朝鮮労働党の機関紙・労働新聞は30日、ラオスで行われたASEAN地域フォーラム(ARF)閣僚会議で、韓国の尹炳世外交部長官が、「多くの国が北の核とミサイル挑発に対し、批判、懸念、糾弾する立場を表明した」と述べたことに対して、「あちこちを訪ねてわれわれを謀略にかけて害する悪巧みをこととした」と非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「絶え間ない反共和国挑発騒動によって朝鮮半島の平和と安定を破壊する張本人はほかならぬ米国と南朝鮮のかいらいだ」と指摘。

そのうえで「尹炳世が『挑発』だの、『脅威』だのと青筋を立てたのは朝鮮半島の緊張激化の責任をわれわれに転嫁し、外部勢力との反共和国核共助をいっそう強化して犯罪的な『北の核放棄』の野望を実現してみようとするところにその目的がある」としながら、「朴槿恵一味は、哀れな自分の境遇から知って奔走すべきである」と非難した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」「北の核放棄」の野望を実現しようとする南朝鮮かいらいの策動を糾弾

【平壌7月30日発朝鮮中央通信】先日、ラオスで行われたASEAN地域フォーラム(ARF)閣僚会議に参加した南朝鮮のかいらい外交部長官の尹炳世は、共和国の自衛的軍事力強化措置に「挑発」だと言い掛かりをつけて、「一致して強力なメッセージを送って挑発脅威の悪循環を断ち切らなければならない」と言いふらした。

会議の期間、彼は米・日の両上司と対座して不純な謀議を行って「北の核共助強化」「対北圧迫決議」などと寝言のようなほらを吹いたかとすれば、あちこちを訪ねてわれわれを謀略にかけて害する悪巧みをこととした。

30日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、これは破たんに直面した反共和国圧迫共助をなんとしても維持してみようとする哀れな身もだえだと嘲(ちょう)笑した。

論評は、内外が公認しているように絶え間ない反共和国挑発騒動によって朝鮮半島の平和と安定を破壊する張本人はほかならぬ米国と南朝鮮のかいらいだとし、次のように強調した。

朝鮮半島にニクバエの群れのように押し寄せている米国の「6大戦略資産」と「THAAD」の南朝鮮配置はわれわれに対する露骨な軍事的脅威であり、北東アジア地域の緊張状態をよりいっそう激化させる重大な挑発行為である。

にもかかわらず、尹炳世が「挑発」だの、「脅威」だのと青筋を立てたのは朝鮮半島の緊張激化の責任をわれわれに転嫁し、外部勢力との反共和国核共助をいっそう強化して犯罪的な「北の核放棄」の野望を実現してみようとするところにその目的がある。

これにより、米国の操り人形としてのかいらい一味の汚らわしいざまは再び全世界にことごとくさらけ出された。

今回、尹炳世が国際会議の性格も対象も選ばずに「北の核共助」の強化を切々と哀願したが、与えられたものは羞恥と冷遇だけであった。

朴槿恵一味は、哀れな自分の境遇から知って奔走すべきである。―

    関連記事