医薬品が不足している北朝鮮で、医師たちが驚くべき方法で医薬品を製造していたことが明らかになった。穀物を原料にして、ある医薬品を製造するというのだ。

麻酔なしの切開手術

北朝鮮は、本来「無償医療制度」を誇ってきたが、90年代の深刻な経済難を背景に、事実上崩壊してしまった。さらに、軍が医薬品を独占したことから、一般庶民たちが医薬品を入手することは困難になった。