北朝鮮の新義州(シニジュ)市と、中国の丹東市を結ぶ鴨緑江大橋。中朝貿易の約7割の物量が通過する物流の拠点だ。この橋で昨年10月に続き、またもや補修工事が行われ、通行ができなくなっている。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

中国丹東の情報筋によると、今回補修工事が行われているのは、橋の南半分の北朝鮮側だ。

橋の上では昨年9月、コンテナトラックが横転する事故が起き、橋脚の一部が破損した。翌月に橋を通行止めにして、補修工事を行ったが、また今回、同じ部分の補修工事を行うことになった。前回の補修工事がずさんだったため、アスファルトが溶けて、ヒビ割れができたためだ。

前回同様、今回も北朝鮮当局が工事を行っているのだが、梅雨前線の停滞で雨が降り続いているため、早速「またいい加減な工事をやる」との噂が流れている。工事の予定は8月1日までだが、「いつ終わるかわからない」とも言われている。