北朝鮮の労働新聞は25日、韓国が米軍の最新鋭高高度迎撃システム(THAAD 〈サード〉)を配備することを支持した日本政府を非難する論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

署名入りの論評は、「日本の内閣官房長官が自国政府は『THAAD』の南朝鮮配備を支持する」と言ったとしながら、「地域諸国間に対立が激烈になっている時に出たこのような発言は、油をもって火を救うというふうに振る舞って利益をむさぼろうとする日本の腹黒い下心をさらけ出した」と非難した。

また、「日本が『THAAD』の南朝鮮配備を積極的に支持する裏面には、日増しに悪化する情勢の変化を自分らの軍事大国化策動を正当化、合理化する機会にし、究極的に再侵略の砲門を開こうとするところにある」と指摘。

そのうえで「日本は出まかせにしゃべって世人を愚弄すべきではなく、意地悪な悪習が取り返しのつかない災難をもたらしかねないということを銘記すべきだ」と警告した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 「THAAD」の南朝鮮配備を支持する日本の腹黒い下心を暴露

【平壌7月25日発朝鮮中央通信】最近、日本の内閣官房長官が自国政府は「THAAD」の南朝鮮配備を支持すると言って、他国は米国と南朝鮮が決定した「THAAD」配備問題を巡ってどうのこうのと言う権利がないと主張した。

25日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、「THAAD」の南朝鮮配備決定によってメディアが沸き返り、地域諸国間に対立が激烈になっている時に出たこのような発言は、油をもって火を救うというふうに振る舞って利益をむさぼろうとする日本の腹黒い下心をさらけ出したこととしかほかには見られないと明らかにした。

論評は、「THAAD」の南朝鮮配備は決して米国と南朝鮮間に限られる問題ではなく、朝鮮半島の範囲を越えて北東アジアの平和と安定保障に関連する問題だとし、次のように強調した。

「THAAD」の南朝鮮配備は、アジア太平洋地域で軍事的覇権を握ろうとする米国の凶悪な野望と上司を後ろ盾にして北侵を実現しようとするかいらいの極悪な同族対決策動の直接的所産である。

米国、南朝鮮と情報共有合意書を締結してわが共和国に対する軍事偵察行為を露骨に拡大、強化している日本が「THAAD」の南朝鮮配備を積極的に支持する裏面には、日増しに悪化する情勢の変化を自分らの軍事大国化策動を正当化、合理化する機会にし、究極的に再侵略の砲門を開こうとするところにある。

論評は、再侵略は第2の敗北、自滅の道だとし、日本は出まかせにしゃべって世人を愚弄すべきではなく、意地悪な悪習が取り返しのつかない災難をもたらしかねないということを銘記すべきだと警告した。

    関連記事