北朝鮮の内閣機関紙「民主朝鮮」は23日、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領を「憎悪感と対決意識が体質化された精神病者」と罵倒する個人筆名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が配信した。

論評は「米国の殺人装備『THAAD』をなんとしても南朝鮮に配備するとあがいて国際社会から孤立し、排撃されるのはもちろん、南朝鮮内でも排斥されるのがまさに朴槿恵一味である」と指摘。

そのうえで「全同胞は、民族に背を向けて外部勢力と結託して同族対決に狂奔する朴槿恵一味を最も凄(せい)絶に懲罰し、わが民族同士の力によって国の自主的平和統一を必ず成し遂げるであろう」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。