ロシア政府が世界食糧計画(WFP)を通じ北朝鮮に提供した食糧が20日、南浦(ナムポ)港に到着したとして、朝鮮中央通信が下記のとおり報じた。

【平壌7月22日発朝鮮中央通信】ロシア政府が昨年12月に続いてまたもや、世界食糧計画(WFP)を通じて寄贈する食糧が20日、南浦港に到着した。

22日、駐朝ロシア臨時代理大使と大使館員、WFP代表部のメンバーが食糧の荷揚げ過程を見た。

ロシア政府の食糧支援は、両国間の友好・協力関係を発展させることに寄与するであろう。---