北朝鮮の労働新聞は22日、祖国統一民主主義戦線の結成70周年に際して、署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が配信した。

祖国統一民主主義戦線とは、金日成氏の指導の下で1946年7月22日に、平壌で結成された大衆団体だ。

論説は「祖国統一民主主義戦線の結成とその強化発展は、金日成主席が早くも抗日革命闘争期に創始し、祖国統一のための闘争で一貫して堅持してきた統一戦線路線の貴い結実である」と強調。

さらに「金正日総書記の先見の明と卓越して洗練された指導は、主席の民族大団結思想と統一戦線指導業績をさらに輝かし、自主統一の新時代を開いた不滅の指導である」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。