北朝鮮の労働新聞は22日、祖国統一民主主義戦線の結成70周年に際して、署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が配信した。

祖国統一民主主義戦線とは、金日成氏の指導の下で1946年7月22日に、平壌で結成された大衆団体だ。

論説は「祖国統一民主主義戦線の結成とその強化発展は、金日成主席が早くも抗日革命闘争期に創始し、祖国統一のための闘争で一貫して堅持してきた統一戦線路線の貴い結実である」と強調。

さらに「金正日総書記の先見の明と卓越して洗練された指導は、主席の民族大団結思想と統一戦線指導業績をさらに輝かし、自主統一の新時代を開いた不滅の指導である」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮の各紙 金日成主席と金正日総書記が統一戦線の道に積み上げた功績について強調

【平壌7月22日発朝鮮中央通信】22日付の「労働新聞」は、祖国統一民主主義戦線の結成から70年になることに関連して、署名入りの論説を掲載した。

論説は、金日成主席の指導の下でチュチェ35(1946)年7月22日、平壌で解放後、初の統一戦線組織体である北朝鮮民主主義民族統一戦線委員会が結成され、民族の大団結と祖国統一のための全民族的な闘争が日増しに高潮する中で1949年6月、北・南・海外の70余りの進歩的政党、大衆団体の参加の下で祖国統一民主主義戦線の結成大会が行われたと指摘した。

祖国統一民主主義戦線は、全国的範囲で民族の自主権を完全に実現し、祖国の統一と民族の隆盛・繁栄を成し遂げようとする北・南・海外の愛国的・民主主義的な政党、大衆団体と各階層の人民の共通の志向と要求を反映した全民族的な統一戦線組織体であると明らかにした。

祖国統一民主主義戦線の結成とその強化発展は、金日成主席が早くも抗日革命闘争期に創始し、祖国統一のための闘争で一貫して堅持してきた統一戦線路線の貴い結実であると強調した。

金正日総書記の先見の明と卓越して洗練された指導は、主席の民族大団結思想と統一戦線指導業績をさらに輝かし、自主統一の新時代を開いた不滅の指導であると指摘した。

祖国統一民主主義戦線が歩んできた過去の70年の路程は、主席と総書記のチュチェの統一戦線路線の真理性と生命力を余すところなく誇示し、主席と総書記の指導に従って民族の団結と祖国の統一を力強く推し進めた誇り高い歴史であると明らかにした。

論説は、主席と総書記が成し遂げた統一戦線運動の貴い伝統と経験があり、主席と総書記が切り開いた祖国統一偉業を輝かしく継承し、完成していく金正恩元帥の卓越して洗練された指導があるがゆえに、わが民族の統一念願は必ず実現されると強調した。

「民主朝鮮」紙も同日に際する社説で、主席と総書記の民族大団結の思想と路線、主席と総書記が民族統一戦線偉業の実現に積み上げた不滅の業績をたたえた。

    関連記事