北朝鮮の金正恩党委員長は20日、北朝鮮とシリア・アラブ共和国の外交関係樹立50周年に際し、シリアのバッシャール・アサド大統領に祝電を送った。一方、アサド氏も18日、同様の祝電を正恩氏に送っている。いずれも朝鮮中央通信が伝えた。

金正恩氏は祝電で「敵対勢力の侵略とテロを退け、国の自主権と領土保全を守るための友好的なシリア・アラブ共和国の政府と人民の正義の闘争に再度固い連帯」を送るなどと述べた。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。