朝鮮人民軍(北朝鮮軍)板門店代表部のスポークスマンは20日、1950年7月に締結された大田(テジョン)協定を取り上げながら、「米国は凶悪な南朝鮮永久占領企図を捨てて自分の巣窟に直ちに帰るべきだ」と主張する談話を発表。同日、朝鮮中央通信が配信した。

談話は「『国連軍』の仮面をかぶった南朝鮮占領米帝侵略軍の承認や許可なしには、たった一瞬も意のままに動けない雇用軍がほかならぬ南朝鮮かいらい軍であり、白昼強盗の軍靴に踏みにじられ、キャタピラーに無残に踏みつぶされても抗弁一言も言えない暗黒の地がまさに、南朝鮮である」と指摘した。

さらに「わが軍隊はすでに、南朝鮮占領米帝侵略軍が第1次的打撃対象」としながら、「米国は凶悪な南朝鮮永久占領企図を捨てて自分の巣窟に直ちに帰るべきだとし、それだけが迫る最終的破滅を一時でも免れられる賢明な選択になる」と威嚇した。

大田協定(正式名称:駐韓米国軍隊の刑事裁判権に関する大韓民国と米合衆国間の協定)とは、朝鮮戦争初期の1950年7月に米韓の間で締結された。この協定により、韓国政府は米軍に対する刑事裁判権を放棄し、米国当局に付与した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

米国は南朝鮮永久占領企図を放棄して直ちに自分の巣窟に帰るべきだ

朝鮮人民軍板門店代表部の代弁人談話

【平壌7月20日発朝鮮中央通信】朝鮮人民軍板門店代表部のスポークスマンは、米国が南朝鮮かいらい軍の戦時作戦統制権を強奪した時から66年になったことで20日、談話を発表した。

全朝鮮に対する軍事的支配を実現しようとする米国の奸悪な悪巧みと上司を後ろ盾にして「北進」を遂げようとする李承晩逆賊一味の愚かな妄想が一致して、1950年7月にいわゆる「大田協定」が締結された。

スポークスマンは、これは南朝鮮かいらい軍の戦時作戦統制権を米帝侵略軍が丸ごと握って行使するということが「法」的に保証された悲劇と羞恥として、わが民族分裂史に記録されるようになったとした。

また、こんにち、世界が南朝鮮を米国の徹底した植民地、51番目の州とらく印を押している重要な理由の一つも、年代と世紀を継いで長々66年間も初歩的な軍権さえ外部勢力に任せた恥辱をなめているためだとし、次のように強調した。

力がすなわち正義となっている現世界で、他人に自分の生命を依存することより愚かで不幸なことはない。

「国連軍」の仮面をかぶった南朝鮮占領米帝侵略軍の承認や許可なしには、たった一瞬も意のままに動けない雇用軍がほかならぬ南朝鮮かいらい軍であり、白昼強盗の軍靴に踏みにじられ、キャタピラーに無残に踏みつぶされても抗弁一言も言えない暗黒の地がまさに、南朝鮮である。

これ以上、押さえつけられて生きられないという南朝鮮の民心が反米聖戦の噴火口から噴出するたびに、米国は永久占領の基本手段である戦時作戦統制権をなんとしても守るためにさまざまな権謀術数を弄した。

米帝は、引き続き膨れ上がる戦時作戦統制権問題に釘を刺しておくために、朴槿恵逆賊一味をそそのかしてその転換時期を朝鮮半島の「安保環境つくり」、かいらい軍の「核心軍事能力の具備」「北の核およびミサイル対応能力の確保」という3つの条件を整える時まで無期限延期するということをはばかることなく公開した。

米国がどこにも通じない荒唐無稽(けい)で破廉恥な口実を設けてでも戦時作戦統制権をあくまでも握りしめようとするのは、自分らなりの放棄できない凶悪な下心があるからだ。

もし、かいらいにそれを引き渡す場合、米帝は南朝鮮に居座っている名分を失うことになり、朝鮮問題に介入する口実さえなくなる。

南朝鮮のかいらいは上司の力を借りて同族と対決し、なんとしても「吸収統一」という夢をかなえようとする妄想の下で、米国にいっそう強くしがみ付いている。

戦時作戦統制権を巡る内幕は、米帝の対朝鮮敵視政策と南朝鮮かいらいの反共和国対決策動がどんなに執ようであり、上司と手先の利害関係によって演じられる茶番劇がどんなに奇怪であるのかを見せる生きた告発状である。

米帝と南朝鮮のかいらいは、大勢を直視しなければならない。

わが軍隊はすでに、南朝鮮占領米帝侵略軍が第1次的打撃対象であり、それに追随するかいらい逆賊の運命も異ならないということを厳かに公開した状態にある。

スポークスマンは、米国は凶悪な南朝鮮永久占領企図を捨てて自分の巣窟に直ちに帰るべきだとし、それだけが迫る最終的破滅を一時でも免れられる賢明な選択になると警告した。

    関連記事