北朝鮮がかつて、海外に潜伏中の工作員に指令を出すために使っていた乱数放送を、16年ぶりに再開した模様だ。韓国の聯合ニュースが伝えた。

聯合によれば、北朝鮮の国外向けラジオ・平壌放送は今月15日、正規の放送を終えた午前0時45分から12分間、女性アナウンサーが「今から27号探査隊員のための遠隔教育大学数学復習課題をお伝えします」として、「459ページ35番、913ページ55番、135ページ86番」と、5桁の数字を次々に読み上げたという。

北朝鮮は2000年の南北首脳会談を機に、こうした放送を中断していたとされる。

    関連記事