北朝鮮当局は15日、北朝鮮領内から子供を誘拐しようと試み、5月に拘束されたとする脱北者男性の記者会見を平壌で開いた。朝鮮中央通信が伝えた。

男性は、2013年に北朝鮮から中国へ脱出し、2014年に韓国入りした高賢哲(コ・ヒョンチョル)氏(53)。

会見によれば、高氏は韓国情報機関、国家情報院(国情院)の関係者らから6~9歳の子供を誘拐して韓国へ連れてくるよう指示を受け、北朝鮮との国境に接する中国遼寧省丹東市に入った。そして今年5月27日未明、中朝国境を流れる鴨緑江に位置する北朝鮮領の水口島に渡ったところで、北朝鮮当局に拘束された。

一方、高氏を取材したAFP通信によれば、同氏が誘拐しようとしたのは8歳と9歳の女児で、国情院関係者から孤児1人当たり1万米ドルの報酬を約束されていたという。

韓国統一省は一連の報道を受け、高氏の即時送還を北朝鮮に求めている。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

【平壌7月15日発朝鮮中央通信】反共和国敵対行為を働いて摘発、逮捕されたかいらい情報院の手先である高賢哲との記者会見が15日、平壌の人民文化宮殿で行われた。

国内外の記者と駐朝外交および国際機構代表部のメンバー、朝鮮に滞在中の海外同胞がこれに参加した。

記者会見では、高賢哲が発言した。

彼は、祖国を裏切った罪人として絶対に許されない身の上であるが、米国と南朝鮮のかいらい一味の悪らつな反共和国謀略策動を暴露しなくては我慢できないので記者会見を要請したとし、次のように語った。

わたしは、平安北道定州市で生まれ、越南逃走する前まで新義州市南下洞で住み、現在年齢は53歳である。

祖国が困難を経ていた苦難の行軍の時期、新義州市にあるチョウセンゴシュ林事業所で労働者として働いていたわたしは、お金に目がくらんで国の法秩序に違反し、密輸密売行為をして発覚し、法機関の調査を受けるようになった。

わたしは、罪を反省する代わりに、法的制裁を避けてみようと2013年1月26日、副業漁船に乗って鴨緑江に出た機会に中国丹東に逃走した。

隠居生活をしていた2014年2月20日ごろ、リ・ソンス(中国丹東在住のかいらい情報院の手先、65歳程度)という南朝鮮人と知り合いになった。

彼は、初対面から「いつ北から出たのか?なぜ出たのか?」と根掘り葉掘り聞くのであった。

そして、南朝鮮に行けば気楽に生きられる、数日前にもお前のような人々を南朝鮮に送ってやったが、今、みんな豊かに暮らしていると言うのであった。

わたしが彼に「あなた『国家情報院』の人か?」と聞くと、「そのように知っていろ。すぐ再び連絡するから待っていろ。家から絶対に外に出るな」と言うのであった。

わたしは、かいらい情報院の奴らについて南朝鮮に行くのが祖国を裏切る反逆の道だと考えながらも、多額のお金をもらえるという言葉に眩惑されて要求通りにすると約束した。

2014年2月28日8時ごろ、わたしは知らない人たちに引かれてリ・ソンスが言った道程に沿って中国丹東を発ち、瀋陽、青島、昆明を経てラオスに到着し、そこでまた、タイのある北部国境都市に入り警察に捕まって密入国者として起訴された。

その後、裁判を受けてバンコクにある「国際移民局収容所」に移送されたが、そこもやはり、かいらい情報院の連中の世界であった。

ある日、タイ駐在南朝鮮大使館の職員という男2人と女1人が現れてわたしの名前と身分、学歴、経歴などをしつこく聞いた。

わたしは、ほぼ1カ月間しつこい調査を受けた後、4月25日の夜、荷物のように飛行機に載せられて南朝鮮の仁川に到着した。

かいらい情報院のごろは飛行機に乗る時に、「絶対にそばの人と話すな。記者に発見されると問題が複雑になる。座席を変えるな」と言った。

一見、自分らが繰り広げる「脱北」誘導行為がばれるのを恐れて極度に神経がとがって不安がっているのが分かった。

わたしは、かいらい情報院ごろの検討と「ハナ院」での洗脳教育課程を経て、2014年9月末から京畿道始興に住むことになった。

失業者としてさ迷っていた中、「脱北同胞救出協会」という所を訪ねたが、そこでこの団体の代表というクォン・ナヒョン(本名クォン・オスク、57歳)という女を知ることになった。

クォン・ナヒョンは共和国で罪を犯して越南逃走し、かいらい情報院と米国の背後の操りに従って共和国住民に対する誘引・拉致を専門とする人間狩り、人間仲買人であった。

2015年12月、クォン・ナヒョンはわたしをかいらい情報院の要員であるチェ・ソンウク(「トンカモ」事件を考案した者、42歳)に紹介した。

チェ・ソンウクが初めて与えた任務は、共和国の党と軍隊などの最新内部資料と小学校と初・高級中学校生徒用の教科書を科目別に収集することであった。

わたしは、チェ・ソンウクの指令に従って中国丹東を出入りしながら、任務を遂行するための事前準備をした。

チェ・ソンウクは去る3月8日、わたしに最近、共和国の国営牧場で飼う家畜に対する資料を収集しろという任務をまた与えた。

そして、可能性があれば連絡しろ、保管と運搬に必要な設備を送ってやる、とても重要なことだから失敗するなと言った。

わたしは5月9日の夕方、クォン・ナヒョンからの電話を受けたが、彼女は「北から6歳から9歳までの孤児を南朝鮮に連れてこい」と言った。

6歳、9歳なら大きい子じゃないか。わたしを殺すつもりかと言うと、クォン・ナヒョンは「女の子ならもっとよい。カナダをはじめとする国々に『養子』として引き渡す。

子どもを連れて来るのに必要なものはわたしがすべて与える」と懐柔するのであった。

彼女はわたしに「すでに、チェ先生の指示もあった。あなたは12人の娘が『集団脱北』したというニュースを知らないのか。それが簡単なことだと思うのか。上部の指針だから無条件執行しなければならない。12人は始めにすぎない。われわれも早く実績を上げなければならない」と言って強迫した。

彼女の言葉を聞きながら「脱北工作」がもっとひどく繰り広げられるという考えと共にわたしも今やここから足を洗うことができなくなったという不安感で心を静めることができなかった。

しかし、すでに犯罪の道に深く入った身の上なのでどうすることもできなかった。

わたしは、以前から知っていた義州郡にいるホンという人に、そこの愛育園にいる子ども二人を選んで写真を撮って送るように頼み、報酬をどっさり与えると言った。

クォン・ナヒョンとチェ・ソンウクの督促を受けたわたしは、誘拐する対象と協力者を選定した後、5月23日の夕方、仁川から航空便で中国大連に行き、翌日、列車で丹東に到着した。

これについてクォン・ナヒョンに知らせた後、誘拐に必要なゴムボートを送ってくれと要求した。

わたしは、平安北道義州郡大花里付近の鴨緑江にある共和国領土である水口島に到着した後、ホンを呼び出した。

彼が到着すると、ゴムボートが入っている段ボール箱を投げてやり、再び丹東に戻ってクォン・ナヒョンに電話で「ボートを手渡した。5月27日未明に子供たちをつれに行く」と知らせた。

わたしは独りで5月27日に水口島に再び入ったが、6時15分ごろ、現場で共和国の当該機関に逮捕された。

わたしの犯罪はたとえ未遂に終わったが、かいらい情報院のごろつきらに吸収されて反共和国謀略行為を繰り広げ、特大型の犯罪である子供誘拐行為に直接加担したことについて率直に認める。

そして、国に、すべての祖国の人民と故郷の人々の前で百回、千回謝罪する。

記者会見では、高賢哲を逮捕する当時に押収した携帯電話とゴムボート、子供服をはじめ証拠物とクォン・ナヒョン、リ・ソンス、チェ・ソンウクなどの写真資料が提示された。

続いて、高賢哲は記者の質問に答えた。---

    関連記事