北朝鮮の祖国平和統一委員会のスポークスマンは14日、「現代版『乙巳五賊(注)』の希世の罪悪は全民族の峻厳な審判を免れられない」という声明を発表。「朴槿恵逆賊一味を全同胞の名義でしゅん烈に糾弾する」と非難した。同日、朝鮮中央通信が配信した。

声明は、「朴槿恵一味が強行推進する『THAAD』の配置は、オオカミの手を借りて民族の貴重な資産である同族の核霊剣をなくしてみるという極悪非道な対決妄動である」としながら、「いかなる代価を払ってでも米国を後ろ盾にして反共和国制裁と圧迫の度合いをさらに高めようとするのが朴槿恵のずる賢い計略である」と指摘した。

そのうえで、「朝鮮半島を外部勢力の核の戦場に供して同族対決と親米屈従の醜悪な行跡を歴史に再び残した朴槿恵は、千秋に許せない反民族的売国の代価を最も苛酷に、最も凄絶に払うことになるであろう」と威嚇した。

(注)乙巳五賊(いっしごぞく)とは、第2次日韓協約(1905年)に賛同した大韓帝国(旧韓国)の5人の閣僚を非難する言葉

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

祖国平和統一委員会の代弁人 現代版「乙巳五賊」の希世の罪悪は全民族の峻厳な審判を免れられない

【平壌7月14日発朝鮮中央通信】今、全同胞が南朝鮮地域に米国の殺人装備「THAAD」を引き入れることにした朴槿恵一味の反民族的売国行為に憤激して歯ぎしりしている。

南朝鮮の各階層は、朴槿恵一味の今回の妄動を米国に屈従して主権を丸ごと売り渡した「現代版乙巳五賊の歩行」「致命的で亡国的な選択」「国民安保に戦争以上の脅威をもたらした大災難」などと糾弾し、「THAAD」配置の決定を全面白紙化することを強く求めている。

祖国平和統一委員会スポークスマンは14日の声明で、しかし、事態の張本人である朴槿恵一味は眉一つ動かさず、「北の核とミサイル威嚇に対する防御用」だの、「国民の安危と生存のための不可避な措置」だのという不当な詭(き)弁を並べ立てて自分らの罪悪を覆い隠し、内外の反撃を避けてみようとあがいていると糾弾した。

声明は、今回の事態を通じて朴槿恵こそ、同族対決と北侵野望の実現に狂って民族の運命と利益をためらわずに売り渡し、地域の平和と安定までためらわずに破壊する希世の事大売国奴、戦争の手先ということが全世界にいっそうはっきりさらけ出されたと暴いた。

声明は、祖国平和統一委員会は、米国の強盗さながらの要求に屈従して天人共に激怒する反民族的売国行為を働いた朴槿恵逆賊一味を全同胞の名義でしゅん烈に糾弾するとし、次のように指摘した。

朴槿恵一味が強行推進する「THAAD」の配置は、オオカミの手を借りて民族の貴重な資産である同族の核霊剣をなくしてみるという極悪非道な対決妄動である。

朴槿恵が全同胞と国際社会の強力な反対もものともせず「THAAD」の配置を強行する目的は、ほかにあるのではない。

われわれの核保有国の地位が日増しに強固になり、自分の「先非核化」ほらがこれ以上通じなくなると、いかなる代価を払ってでも米国を後ろ盾にして反共和国制裁と圧迫の度合いをさらに高めようとするのが朴槿恵のずる賢い計略である。

朴槿恵は、米国の「THAAD」砲台の後ろに隠れると罪多き自分の生命も救い、崩壊する統治体制も収拾できると小細工を弄しているが、それより大きな誤算はない。

「THAAD」配置決定の張本人である朴槿恵が外部勢力にへつらって同族圧殺にあがけばあがくほど、われわれの自衛的核武装力は質量共になおいっそう強化され、慈悲を知らない鋭い正義の匕首は希世の逆賊の息の根を的確に止めることになるということを瞬間も忘れてはいけない。

朝鮮半島を外部勢力の核の戦場に供して同族対決と親米屈従の醜悪な行跡を歴史に再び残した朴槿恵は、千秋に許せない反民族的売国の代価を最も苛酷に、最も凄絶に払うことになるであろう。

    関連記事