北朝鮮の労働新聞は13日、韓国が「北の核脅威」について論じることは、「世論の耳目をよそにそらすための破廉恥な詭(き)弁である」と主張する署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が配信した。

論説は「南朝鮮のかいらいが誰それの『脅威』について青筋を立ててけん伝するのは、北侵のための米国との共助をより強めて大勢の流れを逆戻りさせ、破滅を免れようとする断末魔のあがきである」と主張。

さらに、「朴槿恵一味が外部勢力と結託して反共和国核騒動と北侵戦争挑発策動に狂奔するほど、われわれの自衛的核抑止力はより非常な速度で強化されるであろう」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。