北朝鮮の労働新聞は13日、韓国が「北の核脅威」について論じることは、「世論の耳目をよそにそらすための破廉恥な詭(き)弁である」と主張する署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が配信した。

論説は「南朝鮮のかいらいが誰それの『脅威』について青筋を立ててけん伝するのは、北侵のための米国との共助をより強めて大勢の流れを逆戻りさせ、破滅を免れようとする断末魔のあがきである」と主張。

さらに、「朴槿恵一味が外部勢力と結託して反共和国核騒動と北侵戦争挑発策動に狂奔するほど、われわれの自衛的核抑止力はより非常な速度で強化されるであろう」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」南朝鮮かいらいの「北の核脅威」うんぬんは破廉恥な詭弁

【平壌7月13日発朝鮮中央通信】13日付の「労働新聞」は署名入りの論説で、南朝鮮のかいらいが「北の核脅威」について大げさに宣伝するのは外部勢力の核下男、極悪な対決戦争狂信者としての自分らの反逆的正体を覆い隠し、世論の耳目をよそにそらすための破廉恥な詭(き)弁であると主張した。

論説は、外部勢力への依存と事大・売国はかいらい一味の固有の生理であり、窮地に追い込まれるほど米国にへつらいながらそれと共助して同族対決騒動にさらに狂奔するのもかいらい一味の根深い悪習であると暴き、次のように指摘した。

わが共和国の戦略的地位で根本的な変化が起こっている今、南朝鮮のかいらいが誰それの「脅威」について青筋を立ててけん伝するのは、北侵のための米国との共助をより強めて大勢の流れを逆戻りさせ、破滅を免れようとする断末魔のあがきである。

南朝鮮のかいらいが誰それの「脅威」説を流しているのは、破たんした対決政策を合理化し、北南関係破局の責任を免れるための狡猾(こうかつ)な妄動である。

民族の運命は眼中になく外部勢力との共助と同族対決に執着しながら、あらゆる反逆行為をこととするかいらい一味をそのまま置いては北南関係が改善されるどころか、民族の頭上に核災難が浴びせかけられる結果だけをもたらす。

朴槿恵一味が外部勢力と結託して反共和国核騒動と北侵戦争挑発策動に狂奔するほど、われわれの自衛的核抑止力はより非常な速度で強化されるであろう。 かいらい一味は、われわれの変わった戦略的地位をはっきり知って「北の核脅威」説で世論をまどわしてみようとする愚かな行動を中止しなければならない。

    関連記事